【重要】オートシフターを導入する際の注意点

 

オートシフターを導入する際の注意点について、PICシフターのページに記入してありますが、できるだけ多くの人に見て頂ける様にこちらにも掲載させて頂く事に致しました。

以下内容のpdfはコチラよりダウンロードして頂けます。

オートシフターを導入する際の注意点

弊社シフターを含む、オートシフターを導入、取り付けする際の注意点です。必ずお読み下さい。

メリット/デメリット

[メリット]
・アクセル全開のまま、クラッチを切らずにシフトアップが可能。
[デメリット]
・慎重にセットアップを行わないと、ミッションにかかるストレス増大からミッションの破損に繋がる。(ハイパワー車、クロスミッション搭載車では特に顕著。)

弊社シフターを使用する際の注意点

セッティングでの注意点

シフトアップする回転域を予め決めて置き、その回転域でスムーズにシフトアップが出来るようにセットしてください。公道走行では、上記回転域から外れた所でシフトアップする場合がありますので、公道では使用不可とさせていただきます。

シフトアップ時に衝撃が出る場合の対処法順序
  1. 近接センサーの感知タイミングが合っていない時・・・
    トルクの抜けとチェンジのタイミングが合わないため、ギアの入りが固い、入った時にショックが有るなどの症状が出ます。
    →近接センサーの感知タイミングを細かく微調整する。
  2. 点火カットタイムが合っていない時(シフトアップ時の回転数の下がり具合より)
    • 長すぎる時・・・
      点火カット時に回転数が下がりすぎて、つながった時に衝撃が出る。
    • 短すぎる時・・・
      点火カット時に回転数が十分下がっていないため、ギアが固く入りづらく、衝撃が出る。
免責事項

北神電子サービス製品の取り付け、使用による物理的・人的・金銭的な被害についての保障責務は、製品製作者及び販売者には一切無いものとする。尚、購入して頂いた段階で、免責事項等に同意して頂いたものとします。以上、予めご了承願います。

—————-

北神電子サービスは、シンプルに安価に多くのライダーのタイムアップに貢献できるように尽力しておりますが、シフターがミッションへ与える影響を個々が正しく認識して正しくセットアップし、レース用パーツである事を理解して頂いた上でのご使用を強くお勧めします。

[web担当:xeqoo]

作ってみたい部品がある!持っているパーツに何が合うか分からない・・・その他さまざまな疑問、お問い合せなど お問い合せはコチラ

PAGE TOP